日本人にとって「妖怪」とは何ですか?


日本人にとって「妖怪」とは何ですか?

怪異・妖怪文化は、いつの時代にも

どの場所にも存在しつつも、

日のあたる場所には登場してこなかった、

日本文化における闇の部分と思われます。

妖怪を理解するとは、

すなわち妖怪を作り出す人間を理解することです。

日本人にとって妖怪とは、

もう一つの自分自身、自分自身の鏡像だといえるでしょう。」

以上の発信元サイトはこちらです。
興味のある方はどうぞ!
怪異・妖怪画像データベース

ありがと。


スポンサーサイト

馬場崎研二さんのアート・ギャラリーのご紹介

こんにちは!
あきのころとなりましたね、
チベットの仏教画について
ご紹介します。
こちらより転載させてもらいました。↓
http://www.hokuseikai.jp/openspace/babasaki2.shtml

馬場崎研二さんのアート・ギャラリー
阿弥陀如来西方浄土Ⅱ
阿弥陀如来西方浄土Ⅱ

 
タンカとは、チベットの伝統文化の1つであり、日本でいう「仏画」と考えて差し支えないとのことである。タンカとして描かれる如来・菩薩などの尊像は、複雑な儀軌という経典に書かれている厳格な規定によって、その容姿・身体の色・持っている法具などが定められており、自分勝手に描くことは許されないという。
 そして、尊像が大きく描かれているタンカとは異なり、幾何学的な画面の構成をしたタンカを、曼荼羅と呼び習わしているという。曼荼羅は特に細部に至るまで、経典にしたがって描くことが求められているそうである。

心揺れて

生きて行くと
いろいろな人との会話がある。

別れた後、こころがゆれている私に
気づく。

私はこころを集める、胸の中に、
こころの深い部分を意識してみる。

深いこころは映画のスクリーンのように
さまざまの映像を映し出す、
しかし終わればスクリーンのままにある。
というような話を思い出す。

インドの沈黙の聖者といわれる、
ラマナ・マハリシの本にあったことを
思い出すのです。

あるがままに―ラマナ・マハルシの教え

ありがとう。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ご訪問ありがとうございます。

喜び生活


喜び生活CM








広告


ご案内

ようこそ!ご訪問ありがとうございます。 ゆったり、ゆっくりしてって下さい。






フリーエリア



ようこそいらっしゃいませ。







★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

日本語→英語 自動翻訳

希望がやって来た生活

ふらりブログのプチタビ雑誌


ふらりブログのプチタビ雑誌

広告

プロフィール

ブログファン

  • Author:ブログファン
  • ◎ご挨拶
    「ポップな息づかい」を
    ご覧いただき、ありがとう。

    ブログ好きでいろいろと書いています。


    ◎簡単なプロフィール

    わたしは首都圏郊外の山里に住んでいます。
    クジラ、猫、アルパカなどの木彫をしています。

    男性・既婚・還暦を越えました。
    趣味は音楽

    よろしく、ありがとう。

アクセスランキング






QRコード

QR

FC2カウンター

IROIRO情報


IROIRO情報

ブログ内検索

ご案内


ご案内


ミネラルウォーター



ルームウェア



月別アーカイブ

ブログランキング

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

このブログについて

ご訪問ありがとう! このブログは2005/03/08 からはじめました。 時と共に変化、進化してきと 想います。 あえてその過程のままにして あります。 多岐にわたった記事なので ご覧になられる方が不思議に 想われるかもしれません。 ご理解していただけると、 うれしいです。 ありがとう。
【免責事項】 当サイト上で掲載している情報は、 自己責任でご利用ください。 常に最善の注意を払っていますが、 情報が間違っていたり変化している こともあります。それにより生じた 損害に対する責任は負えません。 リンク先で生じた損害については 一切の責任を負いません。