もいっつあん畑耕す

もいっつあん畑耕す
急斜面な畑は秩父には、
かないませんが、
ここもかなりなもん。
もいっつんは気持ちよく土を耕す。

もう何十回目の、春の耕作だろう。
平和も毎年このように耕さなければ、

もいっつあんは遠い南方の戦地を思い出した。
風雪に削られた馬頭観音に近寄りながら。

山道のに腰を下ろす。
スポンサーサイト

ある農園の支配人

ある農園の支配人

誰からも、羨望される農園に
作り上げたその支配人。

勤勉で傲慢なようでもある
支配人が居ました。

もう長いこと、居たので、「
これは私の庭園で」
「これは私どもの寝椅子で、家具で」
と自慢していました。

あまりにも遠くに居るので
主人を忘れるくらいでした。

ある時、突然、主人から解雇されました。

自分が使わせてもらっていた、
つまらない杉の小引き出し、ひとつさえ、
持ち出す権利がない事に気づくのでした。

「私」とて、同じ事の様です。

山の古老、もいっつぁんⅡ

(富士山に近く、山里)

ショイコを担ぐ。 
モイッツアンは行く。
裏山へ。
 枯れ枝を採る。
「どこから?来た?」
「東京からです。」 
 一夫は新住民だ。
「町の方がいいだのに!!」
「ワ!ハハハ!」
一夫は呟く「やっと、来たのに」

モイッツアンは満面の笑顔。
山道を行く。
鳥は鳴いている。

Shoico is shouldered. Moittsan goes.
To the hillback. The deadwood is gathered.
「Where?Did you come?」
"It is from Tokyo" Kazuo is a new resident. "The town is better. "
「Wa. Haha. 」Kazuo mutters. "Came finally. "

Moittsan is a smile of the whole face. It goes on the mountain path. The bird
is barking.

春の小雨降る日、古老がショイコを担いでいる。

春の小雨降る日
古老が
ショイコを担いでいる。
 
モイッツアンは行く。
裏山へ。
 枯れ枝を採る。

「どこから?来た?」
「東京からです。」 
 一夫は新住民だ。

「町の方がいいだのに!!」
「ワ!ハハハ!」
一夫は呟く「やっと、来たのに」

おわり

ぼくの友達は小説を書いていた

ぼくの友達は小説を書いていた
本が好きだったんね、いつも文学書を
読んでいた。
その顔はまさに若き高校生小説作家だった。
書き上げた長編を見せてもらったりもした。
二人は長い時間あれこれとまだ見ぬ世界を
しゃべったんね。
ぼくには友達の小説「国道16号」の
記憶が残っている。
もうずーと、過去の出来事なのね。
けど時々黄泉帰る友達のエレメントは
キャッチしています。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

ご訪問ありがとうございます。

喜び生活


喜び生活CM








広告


ご案内

ようこそ!ご訪問ありがとうございます。 ゆったり、ゆっくりしてって下さい。






フリーエリア



ようこそいらっしゃいませ。







★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額100円(税抜)~容量最大400GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

日本語→英語 自動翻訳

希望がやって来た生活

ふらりブログのプチタビ雑誌


ふらりブログのプチタビ雑誌

広告

プロフィール

ブログファン

  • Author:ブログファン
  • ◎ご挨拶
    「ポップな息づかい」を
    ご覧いただき、ありがとう。

    ブログ好きでいろいろと書いています。


    ◎簡単なプロフィール

    わたしは首都圏郊外の山里に住んでいます。
    クジラ、猫、アルパカなどの木彫をしています。

    男性・既婚・還暦を越えました。
    趣味は音楽

    よろしく、ありがとう。

アクセスランキング






QRコード

QR

FC2カウンター

IROIRO情報


IROIRO情報

ブログ内検索

ご案内


ご案内


ミネラルウォーター



ルームウェア



月別アーカイブ

ブログランキング

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

このブログについて

ご訪問ありがとう! このブログは2005/03/08 からはじめました。 時と共に変化、進化してきと 想います。 あえてその過程のままにして あります。 多岐にわたった記事なので ご覧になられる方が不思議に 想われるかもしれません。 ご理解していただけると、 うれしいです。 ありがとう。
【免責事項】 当サイト上で掲載している情報は、 自己責任でご利用ください。 常に最善の注意を払っていますが、 情報が間違っていたり変化している こともあります。それにより生じた 損害に対する責任は負えません。 リンク先で生じた損害については 一切の責任を負いません。